投稿者 マリオ さん

< プロフィール(投稿時)>
バリバリの犬派
マリオは愛犬の名前

好物は映画・海外ドラマです。
アクションから、SF系まで話題作・最新作まで平均的に観ています。

エイドリアン・ブロディ おすすめ洋画3作品+駄作!?

29PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

エイドリアン・ブロディは、アメリカ合衆国の俳優。 少年時に素行不良の友人と関係を持っていた為、両親により強制的に演劇学校に入学させられ、演技を学びました。 1986年にテレビ映画でデビューし、1998年にテレンス・マリッ […]

スティーヴン・セガール おすすめ洋画3作品+駄作!?

13PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

スティーヴン・セガールは、アメリカ合衆国の俳優で、合気道七段の資格がある。 7歳から格闘技に接し、17歳で来日して英語を教えながら、禅や合気会で合気道を学び始める。 その他にも剣道・柔道・空手道や、太極拳など複数の日本武 […]

ジャン・レノ おすすめ洋画3作品+駄作!?

32PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

ジャン・レノは、モロッコ・カサブランカ生まれのフランスの俳優。 両親はスペイン・アンダルシア州出で、フランコ政権を嫌い国外へ逃れ家族でフランス・メトロポリテーヌに移住しました。 移住後はルネ・シモン設立の演劇学校に通い、 […]

ケビン・コスナー おすすめ洋画3作品+駄作!?

24PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

ケビン・コスナーは、米国の映画俳優・映画監督・映画プロデューサー。 1990年の監督・製作・主演を務めた『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー作品賞とアカデミー監督賞を受賞しました。 ケビン・コスナーのキャリアと魅力 […]

トム・ハンクス おすすめ洋画3作品+駄作!?

29PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

トム・ハンクスは、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優・映画監督・映画とテレビのプロデューサー。 1979年にニューヨークに移り、翌年『血ぬられた花嫁』で映画デビュー。 全米長寿バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライ […]

レイチェル・マクアダムス おすすめ洋画3作品+駄作!?

31PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 1 女優 投稿者04 マリオ

レイチェル・マクアダムスは、カナダ出身の女優。 12歳の時から演技を学び、13歳の時にサマーキャンプシアターに参加し、トロントのヨーク大学で演劇を学んだ。 1998年にディズニー映画「 The Famous Jett J […]

マーク・ウォールバーグ おすすめ洋画3作品+駄作!?

22PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

マーク・ウォールバーグは、アメリカ合衆国の俳優・プロデューサー・歌手。 一時期ラップバンド「マーキー・マーク&ザ・ファンキー・バンチ」を結成後、2枚のアルバムをヒットさせた。 1994年に映画界に転身し、2006年に出演 […]

マット・デイモン おすすめ洋画3作品+駄作!?

41PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

マット・デイモンは、アメリカ合衆国の俳優・脚本家・映画プロデューサー。 1998年の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー脚本賞を受賞し、同作で主演男優賞にもノミネートされました。 2007年の『フォーブス […]

デンゼル・ワシントン おすすめ洋画3作品+駄作!?

58PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

デンゼル・ワシントンは、アメリカ合衆国ニューヨーク州マウント・バーノン出身の俳優・映画監督・映画プロデューサー。 これまでに2回アカデミー賞に輝いているほか、ベルリン国際映画祭でも2度の男優賞を受賞、さらに舞台ではトニー […]

ロバート・デ・ニーロ おすすめ洋画3作品+駄作!?

67PV

01 洋画の映画俳優別(女優別・男優別)おすすめ3作品+駄作!? 2 男優 投稿者04 マリオ

ロバート・デ・ニーロは、アメリカ合衆国の俳優・映画監督。 1974 年の名作『ゴッドファーザー PART II』でアカデミー助演男優賞を受賞し、『レイジング・ブル』ではアカデミー主演男優賞を受賞しました。 『タクシードラ […]

ページの先頭へ