ジョージ・ミラーは、オーストラリアのプロデューサー・映画監督・脚本家です。

当初は医者になる事を目指していたが、コンクールで応募した短編がグランプリを獲得したのがきっかけで映画界に入り、1979年の映画『マッドマックス』で監督・脚本を担当し、長編映画デビュー。

『マッドマックス』は、痛みを感じるほどの過激でバイオレンスな作風で脚光を浴び、後にシリーズ化され世界的にも大ヒットし、注目される存在となる。

監督のキャリアと作風

当初は、医者を志し医学学校を卒業した後はシドニーの病院でインターンとして働いていたが、製作した短編映画が映画コンクールでグランプリを獲得し、これをきっかけに映画業界で働くようになりました。

その後、以前から構想していた超低予算映画の「マッドマックス」を監督!

映画は疾走するスピード感と過激なバイオレンスの演出で話題となり世界的にも大ヒットを記録。

最新作の「マッドマックス/怒りのデスロード」まで、4作がシリーズ化された。

ミラー監督作品は、過激なアクションで知られるマッドマックスシリーズとは正反対のファミリー向けの楽しいアニメ「ハッピーフィート」や、キュートな豚さんが活躍する「ベイブ」などフルCGやアニマトロニクスなどの特殊効果を駆使した作品もあります。

「ベイブ」は、第68回アカデミー賞で作品賞・監督賞など7部門でノミネート!

1989年の「トワイライトゾーン」は、ミラー監督を含む4人の監督が起用されたオムニバス映画で「2万フィートの戦慄」を製作し、かなり昔の作品ながら今でもファンが多い秀逸な作品となっている。

1992年の「ロレンツオのオイル/命の詩」は実話を基にしたヒューマンドラマで、これまでのミラー作品とは、ガラリと作風が変わる作品で感動的で繊細な家族の愛が見事に描かれています。

ハッピー フィート (字幕版)ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊 (字幕版) トワイライトゾーン/超次元の体験 (字幕版) ロレンツォのオイル/命の詩 [DVD]

私的にランキング!「ジョージ・ミラー」監督のオススメ作品

【第3位】牧羊犬を目指す牧羊豚!「ベイブ」

ベイブ [Blu-ray]


出典:https://ameblo.jp/

 

撮影裏話

世界一の牧羊豚を目指す子ブタのベイブを描いた動物映画で、舞台となる農場の描写も含め、ファンタジーと呼ぶのが一番ふさわしいような作品。

この作品で、ジョージ・ミラーはプロデューサーとして製作。
この映画に登場する子ブタは1匹だけと思うが、実際の撮影では何と!
48匹の子ブタを出演させました。

映画の長い撮影期間に対し、子ブタの成長は尋常でない速さで変わっていくので、全く違う子ブタ達を、代わる代わる出演させて撮影していたのです!

映画が公開され、多くの人々を感動させたベイブの主役豚を殺すのは可哀想だと訴えた手紙が殺到した頃には、ほとんどの主役豚サンたちは大豚となっていました!

この映画見た後は、大好きな「豚丼」食べるの”トン”でもないです・・(*^_^*)

ベイブ:都会へ行く 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】

【第2位】伝説アクション最新作!「マッドマックス・怒りのデスロード」

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)


出典:https://www.cinematoday.jp/

 

撮影裏話

“新生”マックスが、砂漠の女戦士らと力を合わせ、砂漠の支配者イモータン・ジョーの軍団と戦う!

最新作として、新たな伝説アクションがパワーアップ!

この映画、当初の砂漠シーンの撮影予定地オーストラリアが予期せぬ降雨に見舞われ、アフリカ大陸のナミビアに移るなどのトラブルに直面しながら、砂漠での128日間の過酷な撮影を敢行!

スタントマンも相当な危険が伴っていたようです。

バイク集団・ロックライダーが登場するシーンではオーストラリアで一番の曲芸ライダー達を集め、数カ月に渡りトレーニングしクールでパワフルな映像を完成!

出演者の一人がトラックの下にぶら下がるシーンでは、地面から10センチ程しかないので、頭をのけぞらせたら車輪に巻き込まれて首が吹っ飛ぶと、脅されながらの撮影!

度肝を抜かれるシーンの撮影も、正にマッドです!

【第1位】近未来傑作アクション!「マッドマックス」

マッドマックス(字幕版)


出典:http://d.hatena.ne.jp

暴走族による凶悪事件が多発する社会となった、近未来の荒廃したオーストラリアの路上が舞台になる壮絶アクション。

シリーズ第1作目の記念碑的作品!

この映画、製作費は地元の友人からかき集めた超低予算映画で、主演俳優もほぼ無名。

予算節約のため本物の暴走族を出演させたが、撮影現場は異様な雰囲気だったと言われています。

一般車との激突シーンでは、カースタント用の車を買う余裕もなくやむを得ずミラー監督の自家用車を使うことになったが、予期せぬ規模のクラッシュで監督の車はメチャクチャ!
見事なシーン撮影OKで愛車は大破デ~ス!

当時の撮影環境もデタラメで、許可も取らずに勝手に道路を封鎖したり、怪我をしてもギブスをつけたまま次々と危険な撮影にトライするなど、撮影現場はやりたい放題の無法地帯と化していた!

ところが映画が公開されると世界中で大ヒット。

本作品は、オーストラリア映画が世界に認知された記念碑的作品ともなりました!

マッドマックス2 (字幕版)マッドマックス/サンダードーム(字幕版)

気を付けろ!「ジョージ・ミラー監督」のオススメでない作品

熟女美魔女の競演!「イーストウィックの魔女たち」

イーストウィックの魔女たち (字幕版)

大スター達が、集まって楽しくフザけているブラックなファンタジー映画!

出演者に惹かれて観にいったが、ストーリーが全然つまらなくて退屈。

当時人気のあった、せっかくの豪華キャストを活かせず、もったいな~い!

最後に

ジョージ・ミラー監督の描く人気シリーズのアクション映画は、コアな人気を誇っています!

才気あふれるミラー監督の、今後の作品に注目です!