ロン・ハワードは、アメリカの映画監督・映画プロデューサー・俳優。

子役の頃から制作に興味を持ち、1972年に南カリフォルニア大学の映画学科へ進学し、在学中に1973年の『アメリカン・グラフィティ』や、テレビドラマ『ハッピーデイズ』などの主役で人気を得たが、1977年の『バニシング IN TURBO』で監督デビュー。

その後、『コクーン』『バックドラフト』『アポロ13』などのヒットにより一流監督となり、2001年『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞監督賞を受賞。

アメリカン・グラフィティ (字幕版) Happy Days: Complete First Season/ [DVD] [Import]バニシング IN TURBO (字幕版) コクーン [DVD] バックドラフト (字幕版) ビューティフル・マインド (字幕版)

ロン・ハワードのキャリアと作風

2歳の頃から映画や父親の演出した舞台劇に立ち、子役として芸能界入り。

青年期には数々のテレビドラマに出演していたが、元々映画製作に興味を持っていたため、USC映画学科へ進学し、1977年の「バニシング IN TURBO」で監督デビューを果たす。

1985年の「コクーン」のヒットにより大作監督となり、その後も次々と話題作を監督し、2000年の「グリンチ」は全米で大ヒットを飛ばした!

2001年には、実在の天才数学者の半生を描いた「ビューティフル・マインド」で見事アカデミー賞の監督賞も受賞しました。

ハワード監督の得意なモチーフは、「ラッシュ・プライドと友情」の様に男の精神的な戦いをストーリーと映像両面によって表現する特性があり、また誠実に丹念に製作するため、時には退屈すぎる作品もみられます。

2017年には「スター・ウォーズ」シリーズのハン・ソロのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督に就任しました。

グリンチ (吹替版) ラッシュ/プライドと友情(字幕版) 

私的にランキング!「ロン・ハワード」監督のオススメ作品

【第3位】宇宙ドラマ!「アポロ13」

アポロ13(字幕版)


出典:https://natalie.mu/

 

製作裏話

打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生。

その絶望的な状況の中、ヒューストン管制センターでは3人の乗組員を無事地球に帰すため、必死の救出作戦が展開される。

この作品で、アポロ13号を宇宙に打ち上げるサターンⅤロケットの発射シーンや、各種モジュール切り離しシーンなどは本物のような映像を当時の最先端CGと精密模型によって再現しており、試写を観た関係者らが本物の記録映像と間違えた程である。

無重力状態のシーンは、映画史上初めて航空機を使った実際の無重力状態で撮影されました。

この航空機は通称「嘔吐彗星」と呼ばれ、1回のフライトで約25秒間の無重力状態が得られるが、撮影スタッフは急激な下降の連続で嘔吐する事になる。

この映画の無重力撮影のために、600回近く飛行して撮影されました。

【第2位】超大作ミステリー!「ダ・ヴィンチ・コード」

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション [SPE BEST] [Blu-ray]


出典:https://movies.yahoo.co.jp

 

製作裏話

レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に秘められた謎を追う、ミステリーアクション。

この映画は、記録的な興行収入を達成した一方で、宗教的な理由から物議を醸しており、国によっては上映禁止措置や上映反対運動が行なわれた作品となりました。

また、教会指導者も強く反発し、信者に対して、この映画を鑑賞しないように訴える者も発生しました。

ハワード監督も、宗教が複雑に絡む、この映画化には相当手を焼いたようで、物語をスリム化する為に様々な決断を強いられた様です。

劇中でルーブル美術館のモナ・リザが度々登場するが、文化遺産であるモナ・リザには照明を当てる事は許可されなかったので、複製画を使って撮影されました。

【第1位】壮大なスケールで描く海洋アクション!「白鯨との闘い」

白鯨との闘い(字幕版)


出典:http://juliesaysso.com/

 

製作裏話

大海原を舞台に、見た事もない巨大な白鯨との闘いが描かれる極限状態のサバイバル・アクション。

この映画の激しい海でのシーンは、過酷な環境を設定しやすいロンドンのセットで撮影し、外洋ロケはカナリア諸島やマサチューセッツ州ナンタケット島で行った。

また、乗組員を演じたキャストは航海科学や捕鯨技術を学び、筋肉をつけて減量して撮影に臨みました。

また、白鯨に攻撃され船が大破し、乗組員が漂流するシーンでは、リアリティを与えるため、実際に海での漂流経験を持つ人がコンサルタントを務めました。

特に、漂流するキャスト陣が過酷な漂流生活でやせ細り衰弱を再現するために、相当な減量に挑み、主演スターも変わり果てた姿となる始末・・
撮影が終了した時には、撮影中に一番食べてはいけないピザとパスタを真っ先に食べた様です。

巨大な白鯨との闘いの裏には、俳優さんの過酷なダイエットとの戦いがあったのです。

気を付けろ!「ロン・ハワード」監督のオススメでない作品

誘拐サスペンス映画!「身代金」

身代金 [Blu-ray]

一人息子を誘拐された父親が、警察を頼らず自力で犯人と戦うサスペンス映画。

後半が特に面白いが、ラストは興ざめする程の、詰まらないエンディング。

メル・ギブソン演じる父親役に全く感情移入が出来ない、良くも悪くもハリウッドらしい娯楽サスペンス映画。

最後に

ロン・ハワード監督が手掛ける作品は、どれも脚本・演出・編集をはじめとする骨子がしっかりした完成度であるため、鑑賞する側も安心して最後まで楽しめます。

これからも、真面目で丁寧な映画を作っていく事でしょう!