マット・デイモンは、アメリカ合衆国の俳優・脚本家・映画プロデューサー。

1998年の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー脚本賞を受賞し、同作で主演男優賞にもノミネートされました。

2007年の『フォーブス』誌が選ぶ、アメリカ映画出演料当たり興収のランキングでは、トム・ハンクストム・クルーズの2倍以上の高収益俳優としてトップに輝きました。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (字幕版) 

マット・デイモンのキャリアと魅力

10代の頃より役者を志し、ハーバード大学在学中から端役で映画やテレビに出始め、1988年にジュリア・ロバーツ主演の『ミスティック・ピザ』で端役デビュー。

2001年、ジョージ・クルーニーブラッド・ピットらと共演した『オーシャンズ11』が大ヒットし、一躍注目されました!

翌2002年にはアクション映画『ボーン・アイデンティティー』も大ヒットし、アクションスターとしての地位を確立しました。

1996年の『戦火の勇気』でヘロイン中毒患者の役になりきる為に、わずか2日間の撮影の為に、100日間で18キロの減量を行った事でも有名です。

この減量でマットはその後、数年間に渡り健康に影響を与える事になりました。

マットの魅力は、パッと見ハンサムでも無く、一目で引きつけられる俳優では無いが純朴な印象があり、映画を見ているうちに、だんだん人柄が伝わって来る好感度があります。

以前の出演作では、それほど冴えた印象を残さなかった俳優でしたが「ボーン・シリーズ」では、印象をガラリと変え骨太のアクションを披露し、組織にたった一人で立ち向かう精悍な男を演じ、魅力的なキャラクター像を作り上げました。

ミスティック・ピザ [DVD] オーシャンズ11 (字幕版) 戦火の勇気 (字幕版)

私的にランキング!「マット・デイモン」出演のオススメ作品

【第3位】SF超大作!「オデッセイ」

火星に一人取り残された宇宙飛行士が、生き残るために奮闘する姿を描くスリリングなSF超大作。

オデッセイ(字幕版)


出典:https://www.cinematoday.jp/

 

観どころ

火星の調査ミッション中、マット演じる宇宙飛行士は事故に遭い、行方不明になり死んだと思われる。

しかし彼は生きており、絶望的な状況でサバイブし、NASAに連絡を取る方法を見つけようとする・・

この映画の観どころは、火星という過酷な環境下で家庭菜園をしたり、一人で冷静に楽しそうに?生き延びるサバイバルをしながら、どのようにして救出されるかが最大の観どころです。

舞台は火星だが、宇宙版ロビンソンクルーソー漂流記というサバイブが楽しめる!

NASA全面協力による、宇宙船や宇宙服の本格的な装備は必見です。

【第2位】近未来SFアクション!「エリジウム」

富裕層と貧民層の住む場所が二分化された、近未来が舞台のSF超大作!

エリジウム (字幕版)


出典:http://d.hatena.ne.jp/

 

観どころ

荒廃した地球に住む主人公が、“エリジウム”と呼ばれるスペースコロニーで平和に暮らす富裕層の人々の暴虐に立ち向かうべく、自身の身体に特殊な機械を埋め込み“エリジウム”に潜入していく姿を描く。

この映画の観どころは、理不尽なまでの貧困層と富裕層との格差!
そして差別・・

貧困な地球の環境は、いかにも不衛生で汚く描かれ、スペースコロニー「イリジウム」は映画でしか見られないような(?)ユートピア世界が描かれています。

汚染が進み荒廃した地球と、その地球を捨て別の場所に移住する富裕層の世界観は斬新であり、格差が究極的に広がった未来社会の残酷さが見て取れる・・

マットは監督の要求を満たす為に激しい肉体改造に挑み、ジムで毎日4時間以上もの運動をして肉体改造に挑みました!

【第1位】記憶を失った最強の男!「ジェイソン・ボーン」シリーズ

ボーン・アイデンティティー (字幕版)ボーン・スプレマシー (字幕版)ボーン・アルティメイタム (字幕版)ジェイソン・ボーン (字幕版)


出典:http://www.tvlife.jp/

 

観どころ

演技派俳優マット・デイモンが、アクション映画界に殴り込みをかけたのが、このシリーズ!
マット演じるジェイソン・ボーンは、記憶を失った元最強の暗殺者。

マットは、移動手段や言葉など国の特色を味方につけ、CIAや暗殺者と立ち回る雄姿と、過去の記憶にさいなまれ、しょく罪の為に己が身を危険にさらす危うさも感じる男の役を、スリリングに演じています。

アクションシーンは、カット割りを巧みに利用したハイスピードな戦闘シーンで、最初から最後までスピード感あふれる展開を見せてくれます!

このシリーズでは、記憶を失った元暗殺者の記憶を取り戻す旅が描かれているが、映画のロケ地もパリ・ベルリン・モロッコ・インド・ロシアなど世界各国での現地撮影が敢行され、主人公と一緒に世界各地を巡る展開が楽しめます。

パリの街を疾走するカーチェイスでは、夜のシャンゼリゼ通りを大疾走しています!

気をつけろ!「マット・デイモン」出演のオススメでない作品

名作・太陽がいっぱいのリメイク!「リプリー」

リプリー [Blu-ray]

主人公は、気弱な青年を演じながら野心を隠せず、あるきっかけで罪を重ねていく・・

作品そのものは良いハズなのに、何か惜しい感じ・・
名作「太陽がいっぱい」というフレーズに期待したが、的外れでガッカリ!

キャストは豪華、しかし人物描写が少なくて物足りない作品・・

最後に

マット・デイモンは、知性を秘めたアクションスターの座を確立しました!

これからも、スリリングなアクションが期待される俳優です。