レイチェル・マクアダムスは、カナダ出身の女優。

12歳の時から演技を学び、13歳の時にサマーキャンプシアターに参加し、トロントのヨーク大学で演劇を学んだ。

1998年にディズニー映画「 The Famous Jett Jackson 」でデビュー。
カナダのテレビや映画に出演した後、2002年公開の『ホット・チック』で一躍注目を浴びました。

ホット・チック [DVD]

レイチェル・マクアダムス のキャリアと魅力

2002年の女優デビューの時にはオンタリオ州の映画際で受賞し、次に出演した恋愛映画「きみに読む物語」のヒロイン役で、大ブレイクしました。

キュートな笑顔と、その可愛いルックスで人々を魅了し「ラブコメのクイーン」と言われるほどの人気女優になりました。

レイチェル・マクアダムスの魅力は、何と言ってもキュートで可愛い笑顔!!

そして、その透き通るような大きな瞳に釘付けです!
それでいて、どこか親しみやすい雰囲気が男女ファンからも大人気です。

作品ごとに全く違った姿をみせる演技力で、名だたる巨匠監督からも愛され、「彼女の素晴らしい演技に圧倒されたよ!」とレイチェルを絶賛しています!

出演作の「きみに読む物語」では、まっすぐに素直に人を愛するヒロインを演じ、
「パニック・フライト」ではキャリアウーマンの対人スキルで犯人と闘い、
「きみがぼくを見つけた日」では18歳から40歳代の役を演じ、
「シャーロック・ホームズ」では、コメディやアクションにも挑戦。
作品ごとに違った魅力を振りまいてくれます。

可愛いルックスだけでなく、女優としての実力も兼ね備えたレイチェルの魅力は、とどまる事を知らないようです。

きみに読む物語(字幕版) シャーロック・ホームズ (字幕版)シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (字幕版)

私的にランキング!「レイチェル・マクアダムス」出演のオススメ作品

【第3位】フライトサスペンス!「パニック・フライト」

深夜飛行便で隣に乗り合わせた男性が、実は……という機内サスペンス・スリラー。

パニック・フライト (字幕版)


出典:https://www.google.co.jp/

 

観どころ

この映画、全米公開時には初登場第2位という好成績だったが、日本ではキャストが地味すぎる、という事で劇場公開は見送られ、ビデオスルーとなってしまった作品。

飛行機内の密室空間で密かに繰り広げられる交渉と駆け引きは、当人同士しか知らない静かな闘いだけに、サスペンスが盛り上がります。

監督は「エルム街の悪夢」や「スクリーム」で知られるホラー映画の巨匠ウェス・クレイヴンが正攻法のサスペンス演出でタイトに仕上げています。

マクアダムスが、対人スキルで犯人と闘う「美形ヒロイン」ぶりが観どころです。

エルム街の悪夢(1984) (字幕版) スクリーム (字幕版)

【第2位】タイムトラベル・ラブファンタジー「きみがぼくを見つけた日」

異なる次元に引き裂かれる恋人たちの切ない運命を描き、アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化した作品。

きみがぼくを見つけた日 (字幕版)


出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

 

観どころ

この映画はブラッド・ピットの製作プロダクションで製作され、原作の小説が出版されない内から映画化の企画が進められて、2009年に公開されました。

小説は、映画版公開前の2009年3月までにアメリカとイギリスで合計250万部近くが売れ、小説のベストセラーリストに28週連続トップ10入りを果たしました。

時空を超えた恋愛物語時間移動は全裸で行うという、ターミネーター式のルールが主人公の運命を左右する大事な伏線になっているため、ギャグ一歩手前の設定は否めない。

作品の出来不出来より、マクアダムスの18歳~40歳代の姿が見られる楽しみがあります。

【第1位】幻想的ラブコメディー!「ミッドナイト・イン・パリ」

ウディ・アレン監督が、パリを舞台に撮り上げた幻想的なラブコメディー。
フランスはパリの魅力を味わえる、魔法のような作品!

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)


出典:https://miyaaki.com/

 

観どころ

過去にタイムスリップする主人公・・
と言うと、いつもの陳腐な設定かなと感じてしまいがちだが、この映画に関しては、そんな背景を全く気にする事が無い作品。

酒を飲み過ぎた主人公は夜のパリで迷ってしまい、1台の車に乗った時から過去のパリにタイムスリップ!
過去の偉人や美女との巡り合いで1人の女性に恋をする・・。

映画のオープニングは、ゆったりした音楽と朝のパリの街並みから始まり、昼にかけて公園で遊ぶ人、日が暮れると街灯が街を照らしはじめ、この物語の舞台となるフランスはパリへと誘う演出がなされています。

この映画の観どころは、劇中で描かれるパリの美しさに、まるで自分もタイムスリップしたかのような気分に浸れる、オシャレな映画となっています。

芸術の都パリ・・特に雨に濡れたパリの街は、最高デ~ス!

マクアダムスは主人公の婚約者で、結婚が決まっていながら、ちっとも愛し合っていないカップルを好演しています。

気を付けろ!「レイチェル・マクアダムス」出演のオススメでない作品

社会派ミステリー!「消されたヘッドライン」

消されたヘッドライン(字幕版)

国家的陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が、真相をめぐって巨大権力と繰り広げる熾烈な駆け引きと、その真実の行方をスリリングに描いた作品。

キャラクターの掘り下げが少なく、原作が優れたドラマなのに物足りない作品。
何が『消された』のか分からない映画?

その分レイチェル・マクアダムス演じる記者が、ブログ担当の新米から一人前の新聞記者になる課程をしっかり描いています。

最後に

作品によって、可憐なヒロインや意地悪役、コメディな役など、くるくる変わる表情にマクアダムスの、また違う姿を見たくなります。

彼女の次回作が、待ち遠しくなってしまいますね!