ジャン・レノは、モロッコ・カサブランカ生まれのフランスの俳優。

両親はスペイン・アンダルシア州出で、フランコ政権を嫌い国外へ逃れ家族でフランス・メトロポリテーヌに移住しました。

移住後はルネ・シモン設立の演劇学校に通い、1972年頃よりTVドラマに出演し始め、その後は舞台、映画で活躍するようになりました。

ジャン・レノのキャリアと魅力

1988年の『グラン・ブルー』と1994年の『レオン』は世界的にも大ヒットし、ブレイク後はハリウッドの仕事が急増し
『フレンチ・キス』でメグ・ライアンと共演、
『ミッション:インポッシブル』ではトム・クルーズと、
『RONIN』ではロバート・デ・ニーロと共演し、
以降もハリウッドとフランス両方の作品に積極的に出演し国際俳優として活躍しています。

ジャン・レノはパッと見、俳優ではなく中堅の学者さんっぽい雰囲気があり、丸メガネが不思議と似合い、渋いキャラも良いけどコメディもいける俳優です。

出世作の「グラン・ブルー」は、海に魅せられ素潜りで世界記録を競い合う男達の物語!

ジャン・レノは本作で日本での知名度を上げ、その後はテレビCMや雑誌の表紙を飾るなど大活躍!

また、ジャン・レノを一気にスターダムに押し上げた「レオン」では、向かうところ敵なしのプロの殺し屋を演じ、心は子供のまま・牛乳が大好きで、観葉植物とだけ心を通わせられるという、極端な性格設定の役を見事に体現し、一躍時代のアイコンともなりました。

映画デビューから30年以上も経ちましたが、ブルーの背広を着た「ドラえもん」になったジャン・レノを誰が想像出来たでしょうか?

グラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-ray フレンチ・キス [DVD] ミッション:インポッシブル (字幕版) 

私的にランキング!「ジャン・レノ」出演のオススメ映画

【第3位】夫婦愛を描いたコメデイ!「ロザンナのために」

死期を迎えた最愛の妻が望んだ墓を手に入れる為、奮戦する男の姿をコミカルに描いたラヴ・ロマンス。

ロザンナのために [DVD]


出典:https://www.thecinema.jp

 

観どころ

妻の墓のスペースを確保する為に、村から死者を出さないよう、ユニークな手段を実行する夫をジャン・レノが微笑ましく魅せる。

殺し屋や刑事といったイメージが強いジャン・レノの、彼には珍しい役柄。

人のいい愛妻家で、田舎の居酒屋の店主、これはなかなかハマッていました!

出演者のジャン・レノはフランス人、奥さん役のマーセデス・ルールはアメリカ人、監督はイギリス人、舞台はイタリアで、セリフは英語でアメリカ映画というグローバルな映画です。

かなりのドタバタ劇が繰り広げられるコメディだが、深い夫婦愛を描いた作品となります。

【第2位】スパイ・サスペンス「RONIN/ローニン」

RONIN [Blu-ray]


出典:https://movies.yahoo.co.jp/

 

観どころ

カネで雇われる身となった元スパイたちが繰り広げる、謎のブリーフケースの争奪戦。

パリ・・各国の諜報員をしてリストラされた凄腕5人が、中身が不明な銀色のブリーフケースを奪う為に集められた。

ロバート・デ・ニーロとジャン・レノがプロフェッショナルな世界に生きる渋い男の魅力を振りまく、骨太のスパイ・サスペンス!

皆さん、元プロのスパイだけに、しぶとい執念に裏打ちされたアクションが観どころ!

手に汗握る崖っ淵カーブでの派手なカーチェイスは凄まじい!

シリアスな映画なのに、随所に何故か笑えるシーンがあるのも、この映画の大きな魅力。

あ~そういえば・・ヒロインは小雪さんに似ていますね❤~❤

【第1位】孤独な殺し屋と少女の愛!「レオン」

レオン 完全版 (字幕版)


出典:https://netflix-fan.jp/

 

観どころ

孤独な殺し屋レオンが、ある事件に巻き込まれた女の子マチルダを助け、生活を共にする1ヶ月間ちょっと程のお話。

最強のプロの殺し屋をイメージすると、「ゴルゴ13」のような賢く冷静で抜け目のない人物像が想像されます。

しかし、レオンは学がなく、少しトロくて子供的な純粋さがある人物像・・
しかし、レオンは殺しをやる時の渋カッコ良さは一流です。
しかも、レオンを演じるジャン・レノの渋さが、たまらない映画となっています。

少女役ナタリー・ポートマンは当時11歳で、これが彼女のデビュー作!

色っぽさ、説得力のある眼差し・・圧巻です!
彼女の魅力は誰をも虜にするでしょう。

そして、麻薬に取り憑かれた麻薬取締捜査官を演じた名優:ゲイリー・オールドマンもキレキレの演技で超存在感があります。

メインアクター達の見事な演技が、この映画の観どころです!

気を付けろ!「ジャン・レノ」出演のオススメでない作品

近未来殺人ゲーム!「ローラーボール」

ローラーボール デラックス版〈初回限定パッケージ〉 [DVD]

鉄球を奪い合い、ゴールへ決める近未来の暴力的スポーツ「ローラーボール」を舞台に、花形選手とリーグ上層部との戦いを描く!

映像面でも近未来感が感じられないショボイセット!
肝心のメインステージに金をかけていない!
ルール無用の殺人ゲームなのにスリリング感が希薄!

アクロバティックなスポーツにしてはリングが狭過ぎでしょ・・

そして、世界を回って戦っているハズなのに、そのセットが代わり映えしないので、今どこで戦っているか分からない?

映画の出来も悪いと、悪役ジャン・レノも痛々しい・・

最後に

ジャン・レノの代表作「レオン」・・
その人物像と孤独感は、いつまでも印象に残ります。

これからも、丸メガネの似合う役柄を期待します!