カサブランカ [Blu-ray]

第二次世界大戦中のフランス領モロッコ・カサブランカを舞台にしたラブストーリー。

アカデミー賞作品賞を始め、多数の賞を受賞しました。

「君の瞳に乾杯」などの名台詞もこの映画から生まれ、映画史に残るラブロマンスの不朽の名作とも言われている作品です。

この作品の観どころ

まだドイツの侵略下にないフランス領モロッコのカサブランカには、アメリカへ亡命しようとする人でごった返していた・・
ある者は金で、またある者は伝手を頼って旅券を手にしていた。

カサブランカで酒場を経営するアメリカ人のリックに、パリにいた頃に愛しあったイルザが訪れる・・・・
彼女の夫は反レジスタンスの一員で、旅券を手に入れる為にやって来たのだった。

フランス領カサブランカを舞台に、「ハンフリー・ボガード」演じるリックと
「イングリッド・バーグマン」演じるイルザの再開と別れを描いた1942年制作のアメリカ映画です。

既に著作権切れの古~い時代の作品であるにもかかわらず、登場人物の魅力や、洒落ていて、粋で哀しいセリフなど・・
時代を越えてなお不滅の人気を誇る名作映画なのです!

この映画は、ラブロマンスだが戦時中に製作・公開された作品のため、反ドイツ表現も随所に見られ、侵略に対するプロパガンダ作品としても見られます。

劇中でリックが言うセリフ・・
「きみの瞳に乾杯」と3回も言ってます!


出典:http://oisca.hamazo.tv/

劇中の英語では「Here is looking at you, kid」と言っていますが

直訳すると、「君を見つめていることに乾杯だよ、ベイビー」・・てな感じ!

ラストの別離のシーンでも・・
「僕たちは、パリでの美しい思い出がある・・・君の瞳に乾杯!」・・

実にきざ・キザ~なセリフです!
男なら一度は真顔で言ってみたいセリフ!!

ちなみに、ギャグ風漫画で描くとこんな感じ!


出典:http://seiga.nicovideo.jp/

「カサブランカ」は、ボギーのクールさ、バーグマンの美しさが見事に融合されたラブロマンスですが、ハードボイルド映画でもあり、歴史映画でもあって見どころ満載です!

ヒロインを演じた、「イングリド・バーグマン」のこぼれるような美しさと気品!


出典:https://ftaoki.exblog.jp/

イングリド・バーグマンは、ヨーロッパとアメリカで活躍したスウェーデン出身の女優です。
まさに究極の美人・バーグマンの「君の瞳に完敗」です!

バーグマンはハリウッド進出以来、10年間にわたってアメリカでスター女優の地位を守り続けたが、1950年にロベルト・ロッセリーニが監督するイタリア映画『ストロンボリ』に主演し、この作品がきっかけとなりバーグマンとロッセリーニはともに既婚者であったにも関わらず、不倫関係を持つようになりました。

この不倫関係とその後の二人の結婚は大きなスキャンダルとなり、バーグマンは数年間アメリカに戻ることが出来なくなりました。

1956年の『追想』でハリウッドに復帰したバーグマンは、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞し、旧来のファンもバーグマンを許したといわれています。

ストロンボリ 《IVC BEST SELECTION》 [DVD] 追想 [DVD]

粋な大人のムードを備えた、タフでダンデイな「ハンフリー・ボガート」


出典:http://www.sakedori.com/

ハンフリー・ボガートは、ニューヨーク出身の俳優で、愛称はボギー。

1940年代 ~1950年代を代表する名優として、時代の象徴的存在に挙げられることが多く、脇役から悪役として独特の雰囲気とクロコダイル・フェイスで印象付け、ハードボイルド・ヒーローになっていきました。

ボギーの魅力は、険のある風貌に哀調を帯びた男の色香を漂わせ、内に秘めている人間味をチラリと見せる優しさで、ググッと引き寄せる魅力があります。

「マルタの鷹」「黄金」「キー・ラーゴ」でも、その魅力は十分に発揮されています。

マルタの鷹 [DVD] 黄金 スペシャル・エディション [DVD] キー・ラーゴ [Blu-ray]

ボギーこと、ハンフリー・ボガート!

お世辞にも美男スターでもない・・しかし・・ハードボイルドの男!

ボギーを見ると自信がつきます!

イケメンがどうした!壁ドンが何だ! 金がなんだ~

「ボギー!俺も男だ!」・・男は、男は・・ハードボイルドで勝負ダゼ~!

でもネ~ 女はお金持ちの男が好きなの!・・わかる?・・・・「ハイ!」


出典:https://woman.mynavi.jp

制作エピソード

映画「カサブランカ」は、当初ボギーとバーグマンの顔会わせは予定になく、主役は後の大統領ロナルド・レーガンとアン・シェリダンで撮ることになっていたが、色々あってボガートとバーグマンが滑り込んで決定となったそうです。

カサブランカは当然モロッコが舞台地となるが、撮影はモロッコでの撮影は1シーンも無く、ほとんどがハリウッドのセットで撮影されました。

飛行場でのラストシーンは撮影直前になっても決まらなかったため、監督に結局二通りのラスト・シーンを撮影してもらい、良い方を採用しようという事になったが、先に撮影した方がスタッフの評価も高く、そのまま使用されることになりました。

これが現在知られている、別離のラスト・シーンなのです。

最後に

名画「カサブランカ」は、過去に映画評論家「淀川長治」さんが解説していた日曜洋画劇場でも紹介されました。


出典:https://ameblo.jp

故・淀川長治さんの名セリフもあります。

「いや~映画て、ホント!いいもんですね」

「それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ~」