地上最大のショウ [DVD]

スペクタクル映画の巨匠セシル・B・デミル監督が、名実共に地上最大のサーカス団、リング・リング・サーカスとバーナム・ベイリー・サーカスの協力の基に製作したサーカス映画の娯楽超大作で、1953年アカデミー作品賞と原案賞も受賞しました。

有名スター達の好演による人間ドラマを見事に織り混ぜ、最後には列車大衝突と言う、デミル監督お得意のスペクタクル・シーンも有りの全く飽きさせない展開で、60年以上も昔の作品とは思えない大出血サービスの娯楽作品になっています!

この作品の観どころ

経営安定化のために、集客力アップを図るべく、新しく空中曲芸の名人セバスティアンを加えることにした座長のブラッド(チャールトン・ヘストン)。

この一座の空中曲芸のトップスターであるホリーは、やがて来るセバスティアンに中央のリングを譲ることを快く思いません・・その後は、技と力による激烈な「トップ」争奪戦が始まります。

そして、二人のデッドヒートは遂に悲劇的な事故を誘発してしまいます・・・

この映画は、大サーカス団のパフォーマンスの素晴らしさと人間ドラマが展開されます。

命がけの演技と手に汗握るシーンがいっぱい!これぞ娯楽映画の真髄!


出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

この映画での、サーカス内の大きな円形ステージで繰り広げられる豪華絢爛たる華やかなショーの数々は、どれも規模の大きな迫力のある物で、もうそれらだけで十分過ぎるほどの見ごたえ感があります。

そしてショーの合間に団員たちの生活や舞台裏などドキュメントっぽく描きながら、団員間の嫉妬や競争心・愛憎がダイナミックで迫力あるパフォーマンスに彩られながら展開して行きます。

主役の座を掴んだ「チャールトン・ヘストン」

地上最大のショウ [DVD]

サーカスのためなら血も涙も無い。
というサーカス団長・ブラッドをチャールトン・ヘストンが演じています。

撮影所でセシル・B・デミル監督に手を振って挨拶したことから「地上最大のショウ」の主役の座を掴んだチャールトン・ヘストンは、この映画でスターの座を確立しました。

チャールトン・ヘストンはセシル・B・デミル監督に『ミケランジェロの彫刻のように美しい』と称された肉体美と精悍なマスクに格調高い演技力で、いくつもの名作に出演し、1956年に「十戒(モーゼ役)」、1959年には映画『ベン・ハー』でアカデミー主演男優賞を獲得しています。

当たり役となった歴史劇の英雄や『大地震』・『ハイジャック』等に代表されるパニックアクションのタフガイな主人公をそれぞれ演じ分け、更にはSF『猿の惑星』や『ソイレント・グリーン』などの娯楽作、異色作にも出演しました。

十戒 [Blu-ray] ベン・ハー (字幕版) 大地震 [Blu-ray]ソイレント・グリーン  (字幕版)

衝撃的なラスト!「猿の惑星」

猿の惑星 [Blu-ray] 猿の惑星 ブルーレイコレクション(8枚組) [Blu-ray]

特に、ヘストンが主演した「猿の惑星」は、インパクトのある衝撃的なラストが有名となり、その後もシリーズ化されました・・
猿の惑星・・実は荒廃した「地球だった!」

この映画でヘストンは、猿に征服された地球で猿に捕まり、奴隷のような理不尽な扱いを受けます。

本作は大ヒットとなり、ビッグスターがSF映画に出演する契機となった作品です。

本作品のストーリーに欠かせない影の主役「ジェームズ・スチュワート」

 

この映画には、既にアメリカでも大スターであった「ジェームズ・スチュワート」が訳アリのピエロを演じ、普段の時でも絶対化粧を落とさない謎の人物を演じています。

ピエロの「バタンズ」は、過去に訳アリで追われる身なので道化師のマスクの下に自らの過去をひたすら隠しているのです。

最後に、サーカス列車の大事故で負傷者が出た時、応急手当を買って出たのはいいが、その場に来合わせた刑事に捕まり淋しくひかれていくのでした。

実は、ピエロのバタンズは元医者で、不治の病に苦しむ妻を安楽死させ殺人罪に問われ指名手配されていたのでした。

謎の人物を演じたジェームズ・スチュワートは、この映画での影の主役と言えますネ。

サーカスの観客の中には有名スターもカメオ出演!

この映画でサーカスの観客の中に「ボブ・ホープとビング・クロスビー」の珍道中コンビがカメオ出演していました。


出典:https://www.bing.com/

アメリカを代表する、コメディアン名コンビがサーカスを見ながら美味しそうにポップコーンを食べており、台詞のない観客役で一緒に仲良く特別出演しています。

制作エピソード

本作品は、映画興行の本質を知り抜いていた大プロデューサー、セシル・B・デミルが製作・監督した娯楽映画の大傑作ともいえます。

この作品はサーカスがメインのため、アメリカ最大のリング・リングブラザース一座を丸ごと雇い、一座のスローガンである「地上最大のショウ」の使用権に25万ドルを払ったといわれています。

最後に

「地上最大のショウ」は純粋に「サーカース」を見るだけでも楽しい映画です。

しかし、サーカスの要素の1つとして危険性があります。
命がけの空中ショーや動物ショーなど、一つ間違えば大惨事になるのです。

華やかな非日常の世界に潜む「危険性の存在」を忘れてはいけませんネ!