ジェニファー・ローレンスは、アメリカの女優。

演技経験は無かったものの、
14歳でオーディションを受けた時には絶賛の評を獲得し、
17歳で出演した映画では「メリル・ストーリープの再来!」とも評され、国際映画祭で新人俳優賞を受賞した実力派の女優です。

「ウインターズ・ボーン」でアカデミー主演女優賞を獲得!

2010年に主演した「ウインターズ・ボーン」での演技が高く評価され、この作品で一躍若手注目株となりました。

「ウインターズ・ボーン」の舞台は、ミズリー州オザーク山脈の厳しい大自然。

父親の失踪後、ローレンス演じる17歳の少女が幼い弟と妹を抱えて、どうやって生きていくのか・・・。

ジェニファーは、過酷な自然と厳しい経済状況の中で、必死にひたむきに生きる少女を演じ映画の各賞にもノミネートされ、見事主演女優賞のオスカー像を手にしました。

ジェニファー・ローレンスの魅力❤❤❤

ジェニファーは正統派美人とは言えませんが、ポッテリとした顔・透明感のあるクールな瞳・そしてアンニュイな表情・・・そうです!
アンニュイな表情の合間に見せるキュートな笑顔がステキな女性です。

一番の魅力はカメラが回っている時以外の飾らない「そのまんま」っぷりにあります!

繊細な芝居から「ハンガーゲーム」のアクションまで幅広い演技力を持ち、これからの活躍にも期待が大デス!

私的にランキング「ジェニファー・ローレンス出演映画ベスト3」

【第三位】全身青色で登場!「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (字幕版)

「Xーメン」シリーズとしては通算で第4作品目、新シリーズの第1弾目。

映画「Xーメン」は、アメリカンコミックの実写版で特殊能力を持つミュータントと人間たちとの共存を目指し様々な敵との闘いを描きます。

ジェニファーは、変身能力を持つミスティーク役で出演し、全身青色の皮膚という強烈なビジュアルを持つボデイを披露しています。


出典:http://eiga.com/

 

観どころ

映画「X―メン」シリーズは、特殊能力を持つミュータント同士の闘いがベースに有るため、CGを駆使したSFX描写が見どころです。

本作は、シリーズの起源となるミュータント第一世代で、キャラクター毎のエピソードが描かれX-メンシリーズにまつわる様々な誕生秘話が、今作品で分かるようになっています。

ジェニファーは、青い肌と黄色い瞳を持つミュータントを演じ、見た目異様ではありながら全身ブルーのスタイルからは目が離せません!
身体張ってます!!

しかし、ミステイを演じたジェニファーはボディペイントの成分が肌に合わないため、撮影時にはアレルギー反応で湿疹に悩まされる事になりました。

その為、ブルーのスーツが制作され、そのスーツを着て撮影されたのです。

【第二位】人生のやり直しコメディ「世界に一つのプレイバック」

世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション(2枚組)

それぞれに愛する人を失い、心に傷を負った男女が再生していく姿を、涙と笑いでつづるヒューマン・コメディー映画。

ジェニファーは、躁鬱の激しい極めて不安定な女を演じ、この作品でまたもやアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

 

観どころ

内容は、愛する人を失い心のバランスを失い自暴自棄になった男女二人が、いつしか心を通じ合わせ、新たな人生を踏み出していくストーリー。

男は、妻の浮気現場を目撃し浮気相手をボッコボコ、その後は精神病院に入り退院。

女は、愛する夫に先立たれ心が病んでしまい、会社も首になり自暴自棄の状態。

そんな二人が出会い、奇妙な関係を持ちながら少しずつお互いの距離を縮めていくところが、この映画の見どころです。

演じるジェニファーは、躁鬱の激しい女を演じながらもストーリーが進んでいるうちにドンドン可愛く、綺麗になっていく様が本当に素晴らしい!
しかもスタイル抜群!

自然体で精神不安定な難しい役を見事に演じ切った感じです。

【第一位】オスカー受賞作品「ウインターズ・ボーン」

ウィンターズ・ボーン スペシャル・エディション [Blu-ray]

現代のアメリカ社会から見捨てられたかのような貧しい寒村で、幼い弟妹を抱え懸命に生活を切り盛りする17歳の少女。

閉鎖的な環境で、暗く貧しい現実的な生活を前向きに生きる一人の少女を描いています。


出典:http://eiga.com/

 

観どころ

ジェニファー演じる長女の苦悩と、弟妹の面倒を見る、ひたむきな姿に涙します。

暗い貧困の田舎を描き、見ているだけで心の中を冬枯れの風が通り抜けるよう・・

序盤から淡々としたストーリー・・
普通なら眠くなるパターンだったのですが、ジェニファーの切なく必死な演技が、最後までこの映画を見させてくれました。

食べる物がなく森で捕まえたリスを、弟と妹に揚げ物にしたりシチューにする事を教えたりするシーンでは・・・
思わずカップラーメンを一箱プレゼントしたくなります!

気を付けろ!見てはいけない、オススメでない映画「ハンガー・ゲーム」シリーズ

ハンガーゲーム (字幕版)ハンガー・ゲーム2(字幕版)ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(字幕版)

「ハンガー・ゲーム」は、富裕層の娯楽の為に貧困層の若者が選ばれ、殺し合いのサバイバル・ゲームへ参加させられるというもの。

ジェニファーは、第一作目から妹をかばってサバイバルゲームに志願する主人公・カット・ニスを演じます。

この映画、タイトルの如くハラハラドキドキのアクションシーン、
ゲーム的な心理戦、
殺し合うことの葛藤や醜さ、
不条理な社会システムの破壊など・・
大いに期待!!

見事期待ハズレ・・
何もなし・・
レンタル3巻途中で観賞中止~中止です。

成功したシリーズ映画と言いますが、一体何が当たったのかな??
そんな映画でした。

ジェニファー・ローレンス・・この女優はホントに不思議です。

どこにでもいる平凡な女子に見える事もあれば、恐ろしく美しい女性に見える事もあります。

「X-メン」ミスティークの「変身能力」があるのかもしれませんネ!