ジェット・リーは、中国北京市出身の武術家で俳優です。

1974年、中国全国武術大会で個人総合優勝を果たし、以降も5年連続で優勝する。

その身体能力を活かし『少林寺』で映画デビューし、1991年のツイ・ハーク監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』の大ヒットでスターの座を確固たるものにしました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明 (字幕版)

更に、1998年の『リーサル・ウェポン4』でハリウッド映画デビューも果たし、アメリカでの主演映画も次々に公開され、世界的に有名なアクションスターとなる。

ジェット・リーの魅力

ジェットのアクションの基礎は、北京武術大会5連覇の実績からも分かるように「本物」です!

映画でのアクションは、超人的で本物レベルの技を観ることができます。

11歳の時に全国武術大会で総合優勝!
その後5回連続優勝するという奇跡の大記録を樹立!

海外遠征の際、ニクソン大統領の前で武芸を見せたこともあり、天才武術家として中国武術の至宝と称されています。

現在では、「ワン基金」という慈善団体を設立し、その活動に心身を捧げています。

ジェットは、パット見では華やかなセレブオーラを発している訳でもないし、ワイルドで格別なタイプでも無いと思いますが「人としての魅力」も超人並なのです。

ジェット・リー作品は、映画の中でも本物に触れることが出来、世界で最も美しいアクションを鑑賞出来るのです!

私的にランキング!「ジェット・リー」出演のオススメ作品

【第3位】ボスには忠実な殺し屋「ダニー・ザ・ドッグ」

ダニー・ザ・ドッグ(字幕版)

ジェット・リーとフランスの巨匠リュック・ベンソンと名優モーガンフリーマンが奏でるアクションストーリー。


出典:https://movies.yahoo.co.jp

 

観どころ

ジェット演じるダニーは、5歳の時に悪徳高利貸しのボスに拾われ犬同様に首輪でつながれ育てられた男。

小さいころから殺し屋としての格闘術を仕込まれ、ろくに言葉すらしゃべれないもののボスの命令には忠実、ものすごい戦闘力で組織のトラブルを解決して行く。

やがて家族の暖かさを知り、彼らを守るために悲愴な闘いに挑む男を演じます。

アクションもすばらしい!

1メートル幅の通路でのクンフーや、ワイヤーを感じさせない自然な動きなど、非常に高度な武闘技術を感じさせる。

【第2位】ジェット・リー映画デビュー作「少林寺」

少林寺 アルティメット・エディション [Blu-ray] 少林寺2 アルティメット・エディション [Blu-ray]

中国武術の代表格として名高い「少林寺」を舞台にした武闘映画。

中国はもとより、日本でも少林寺・少林拳ブームを巻き起こしました。


出典:http://tetsu-eiga.at.webry.info/

 

観どころ

ジェット・リーのデビュー作にして、中国では少林寺拳法の一大ブームを引き起こしました。

物語は、いたって単純!

暴君によって父を殺された、ジェット演じる子供は少林寺の僧たちに助けられ、父の仇を討ちたい一心で仏門に入り少林寺を修業し、若き武僧らとともに暴君を倒すというストーリー。

この映画が凄いのは、ジェットを始め主たる出演者のほとんどが正真正銘の武術家で、スタント無しに壮絶アクションを披露しています!

中国では「文化大革命」により封建的文化は強く批判され、少林寺も多くの仏像や書物が破壊され僧侶も弾圧されたと言われています。

文革が終わって5年後に公開された「少林寺」の大ヒットにより少林寺ブームとなり、この映画とジェット・リーが果たした役割も大きかったと思います!

現在では、少林寺も人気スポットとなり少林寺僧もスマホをいじっているとか・・

【第1位】武侠映画「HERO(ヒーロー)」

英雄 ~HERO~ Blu-ray

『HERO』は香港・中国合作による武侠映画・ジェットは無名の刺客を演じます。

豪華なキャスト、美しい色彩が話題を呼び、中国映画の興行成績を塗り替えました。


出典:http://jetlimobile.jugem.jp/

 

観どころ

武侠アクションながら、ワイヤーを多用したアクションシーンは華麗で、まるでバレエを見るようだ!

二転三転していく中で、衝撃のラストには胸震わせる感動がある。

エピソードごとに赤・青・緑の色調と、衣装を担当したワダ・エミさんのデザインも素晴らしい!

ストーリー・演出・映像・衣装・アクションと一見の価値あり!

特に、ジェットの身体を張った見事なアクションに加え、水滴や落ち葉を華麗に舞わせる演出は詩的でインパクトもあり感心しきりである。

気を付けろ!「ジェット・リー」出演のオススメでない映画。

中国人悪党役!「リーサルウェポン・4」

リーサル・ウェポン4 (字幕版)

ジェット・リーがハリウッドに初進出したアクション映画。
それも悪役で!

映画見る前に一抹の不安が・・
格闘俳優NO.1のジェットの格闘速度に付いて来られる俳優は果たしているのか??
いる訳がない・・と。

そして邪道としか言いようもない方法で殺されてしまった!

ある意味、従来のマンネリ化していたキャラクターからの変更で新鮮味ありだが、ジェットが負ける訳がないイメージが、どこまでも邪魔した映画だったのです。

最近の中国・香港映画はワイヤーアクションで空中ブンブン飛んでます!

ジェット・リーの「身体を張った本物アクションを見直しましょう!

そのスピードは、正に・・”ジェット”です!